■ 人工知能(AI)やロボットで仕事がなくなる?

【パリ時事】世界経済フォーラムは

9月17日、

人工知能(AI)やロボット

関連した技術革新により、

2025年までに現在の仕事量全体の

過半が機械に取って代わられる、

との予想を発表した。

22年には、データ入力や会計処理など

約7500万人分の仕事が機械に

奪われると見込んだ。

 

経理業務の”超効率化!”

「サイバー経理部」とは?

↓ クリック

 

 報告書によれば、

18年時点で機械が人間に代わって

行っている仕事の割合は

全体の29%

この割合は

22年に42%に上昇した後、

25年には52%となり、

人間よりも多くの仕事を機械

こなすようになる見通し。

 

一方で、データ分析や

ビッグデータ関連などで

新たに約1億3300万人分の

仕事が創出される

可能性もあるという。

 世界経済フォーラムは、

AI技術などの進展を踏まえて

創造性や独自性、柔軟性のある

「人間的な」スキル

今後さらに重要になると指摘。

企業に対して、

従業員の教育を拡充するよう促した。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

« »