株式会社覚王山総研

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-19-14 林敬ビル2F
TEL.052-265-5085
わかりやすい「会計資料」のご提供!

 「経理」の数字がいまひとつよくわからない、そのため「商売」に数字を活かすことができていない・・・ 名古屋の会計事務所スタッフ2

名古屋の会計事務所スタッフ

 「ビジネス」のプラスにならなければ、 会計・経理の意味がない!

 

「会計・経理は、商売に役立てるためにある!」 

「ビジネスのプラスにならなければ、会計・経理の意味がない!」

 

どの会社も、膨大な手間と費用をかけて、1年間経理業務を行います。

そして、毎月毎月、会社の成績がきちんと出てきます。

しかし、それらの大変貴重な経理データを、なんら経営判断に活かすことなく、月次資料もしっかりと見ることなく、無駄にしてしまっていないでしょうか?

経理データを経営判断に活かすことなく、無駄にしてしまっているとすると、それらを何に使っているのでしょうか。結局は、年1回の税金計算に使っているに過ぎません。

 

すなわち、税務署のために、税金計算をするために、膨大な手間と費用をかけていること
になります!

 ・・・これって、あまりにもったいない話ではありませんか?

 

もちろん、納税は日本人の義務ですので、適正納税することが必要です(必要以上に納税することはいりませんが)。

しかし、

 

  「会計・経理」の本来の目的は、経営に活かすための元データを収集することです!!

 

 「数字」は、経営にとって最強の”武器”です!!

 

したがって、私ども”経営のわかる会計”ネットワークが最もお役に立てるのは、

 

●従来の商売では利益が確保できなくなってきた、何とか将来にも通用するビジネスモデルを積極的に考えていきたい

●毎月毎月、早いタイミングで月次の成績を押さえ、計画との差異分析を行い、数値に達していない場合には次なる行動の打ち出しをどんどん行っていきたい

●経理から出てくる数字の意味がよくわからない、貸借対照表といわれても理解できないし、勉強している時間もない!

●欲しい数字がきちっと出てこない

●会計事務所にビジネスのことを相談したい

●経理業務の効率化の指導を是非お願いしたいが、税理士の先生が高齢で、パソコンに疎い 

要するに、会計事務所をうまく利用していただきながら、

 

   どんどんビジネスを良くしていきたい、
   もっと大きくビジネス展開していたい、
    あるいは 
     今の苦境を何とかして脱出したい、 
 

 

といった、強い熱意や危機感をお持ちの社長様方です!