会社の経営に必要な「数字」というのは、ごくごく限定されている!

 経営のプラスになる会計資料をご提供しています!

弊社は、すべてのスタッフが20代から40代の年齢です。若手ばかりですので、パソコンに習熟しており、会計データを元に、御社で必要なグラフや表をいくらでも加工することが可能です。

よくある月次資料は、

コンピュータから打ち出したままの、数字を羅列しただけの資料です。

どの数字が重要で、どの数字をチェックしないといけないのか、そういったことが何もわかりません。

税理士、会計士の中には、社長様に、「貸借対照表、損益計算書ぐらいわからなければ経営なんてできないですよ」

社長、勉強してください!

などと、おっしゃる人もいます。
しかし、

社長に、会計の専門的なことを勉強している時間などない

のです!!
税理士、会計士にとっては、会計や経理、税務が仕事の中心であり、当然興味を持つ事柄のほとんどすべてですが、社長様にとって、会計などは、普段は意識しない事柄に過ぎません。

会計よりもはるかに重要な仕事が山ほどあります、会計の勉強に時間を費やしている暇などないのです。

社長様が会計の数字を理解できない、難しいと感じるのは、会計事務所がわかりやすくまとめた資料や、経営に活かせるように工夫した資料を提供できていないからに過ぎません。
簡単、明瞭、かつ完全な月次資料を提供できないのは、

会計事務所自体が、経営に活かせる資料がどんなものかを実はまったく知らないからなんです。

会計ソフトから打ち出したままの、数字の羅列の資料、あんなものは、どの数字が重要なのかまったくわかりません!

ましてや、あの数字の羅列から、今後何をどうしたらよいのか、といった最も大切な情報など、読み取れるわけがないんです!
本当に、会社の経営に必要な数字というのは、ごくごく限定されています!!

【社長に必要な”たった3つのグラフ”】 だけで十分なのです!
”経営のわかる”会計ネットワークでは、独自に開発した、”経営に活かせる”資料
”3秒”で会社の向いている方向性が「見える」資料
image51

をご提供します。

経営に活かせなければ、会計の意味がない!!